FUJIFILM 「画質完全読本」を読んでみた。

紹介

 

こんにちは。

そうです。

 

本日は、FUJIFILM画質完全読本を買ってみましたので、読んでよかった点をご紹介しようと思います。

カメラを買って間もない時に、FUJIFILM関連の書籍を探していたところ、たまたま見つけました。

FUJIFILMユーザーにはおススメの一冊です!

良かった点

 

本書を読んで一番良かった点一つ目は、フィルムシミュレーションの徹底解説がされていたこと。

 

普段何気なく使っていたフィルムシミュレーション。

それぞれがどういうコンセプトなのか、どのようなシチュエーションで使えばいいのかが記されています。

 

この特集を読むと、フィルシミュレーションを使って撮影したくなるのでおススメです(笑)

 

 

2点目は、プロのフォトグラファーのインタビュー記事。

プロの方々がどういう考えでFUJIFILMのカメラを使い、日々撮影を行うのか。

本書を読む前は想像もつかなかったので、参考になった。

 

まとめ

  

本書を読んで、せっかくFUJIFILMのカメラを買ったんだから、フィルムシミュレーションをもっと活用したいと感じました。

写真の世界はまだまだ奥が深い。

これからも写真を撮りつつ、様々な知識を吸収していこうと思う。